頭頸部嚢胞性疾患に対するOK-432嚢胞内注入療法

Treatment of Ranula and other Head & Neck Cystic Diseases with intracystic injection of OK-432

英語(English Page)

(新規ウインドウでお開き下さい。Please open with New Window)

はじめに

 頸部などにふくろ(嚢胞:のうほう)ができて、中に液がたまって腫れる病気(嚢胞性疾患と呼ばれます)があります。これらの病気の多くは悪性では ありませんが、これまでは基本的には手術をしないと治らないと考えられてきました。手術に関しましても、嚢胞によっては壁が薄かったり、そばに重要な神経 や血管があるなどして、摘出が難しい場合も稀ではありません。また、ガマ腫などでは、その発症メカニズムから、うまく摘出できても再発する場合も稀ではありません。加えて、顔や頸部は場所がら傷跡が目立ってしまう場合もあります。
 私たちは、最初は嚢胞状リンパ管腫の治療として始められたOK-432嚢胞内注入療法をこれらの病気に応用してきました。現在では、OK-432(商品名:ピシバニール)嚢胞内注入療法は日本では小児リンパ管腫の第一選択の治療となり、世界でも広く行われるようになってきました。リンパ管腫以外の頭頸部の嚢胞性疾患に関しましても、私たちは20年を超える臨床経験から、本治療法はガマ腫(がま腫)をはじめとしてこれらの多くの病気に対して手術に変わりうる方法であると考えるに至っております。
 2006年には韓国からもガマ腫に対するOK-432嚢胞内注入療法の論文が発表され、日本以外でもこの治療は知られるようになってきています。しかし残念ながら、日本で始まった治療であるにもかかわらず(リンパ管腫には1995年、ガマ腫には2011年に保険適応)、この治療法の普及はまだまだであるのが現実です
 このページでは、一般の方々にこの素晴らしい治療をできるだけ分かりやすく解説させていただき、この治療法の恩恵をもっと多くの患者さんが不安が無く受けられるようになることを願って、このページを開設させていただきました。

連絡先

深瀬 滋
耳鼻咽喉科・アレルギー科 深瀬医院

メール
患者さんのご相談には可能な限りお答えしますので、必ずメールでご相談をお寄せ下さい。
重要:必ずパソコンから返信できるアドレスからお願いいたします。最近、スマートフォン等からのメールで返信できない場合が結構あり困っております。)
ご相談の際は、別ページに記載しました注意点を必ずお守り下さい。
電話でのご相談に対して診察中にお答えすることはできません。
当院で治療中の患者さんで何か問題があった場合のみに限らせてください。

平成13年9月1日開設おかげさまで、10周年を迎えることができました。
平成29年3月28日最終更新
症例を追加しました。

トップページに戻る
(クリックしますと「OK-432嚢胞内注入療法」のトップページに移動します。左にフレーム「見出し」が見える場合は、見出しから各項目への移動をお願いいたします。)


リンクに関して:このページには、ガマ腫をはじめとする嚢胞性疾患の非手術的治療の情報を載せております。
この治療を知らないために多くの患者様が手術しか治療が無いと考え、やむなく手術を受けております。
出来るだけ多くの方々にこの治療を知っていただきたいと考えております。リンクフリーですので、どうぞこの治療をの普及にご協力お願い申し上げます。