OK-432嚢胞内注入療法のリンクです

(1) カルロスちゃんと共に

OK-432嚢胞内注入療法の生みの親である荻田修平先生の講演のページです。この治療で世界中のリンパ管腫の子供を救うことに努力された先生の活動が分かります。
(荻田先生がお亡くなりになり一時閉鎖されていましたが、荻田修平基金のHPの中に再開されました。)

(2) 荻田修平基金

リンパ管腫に関するOK-432嚢胞内注入療法を確立された荻田修平先生の意志を継いで、OK-432が手に入りにくい国々の患者さんにOK-432を届ける活動をしている「荻田修平基金」のページです。日本語だけでなく、英語とスペイン語でも情報を提供しています。

(3)インターネット耳鼻咽喉科 五十嵐先生のページ

耳鼻咽喉科の様々な話題を楽しく提供している、五十嵐先生(おひさま耳鼻咽喉科、上越市)のHP「インターネット耳鼻咽喉科」です。「臨床スライ ド」のところを見ると、五十嵐先生の臨床経験に基づいた発表スライドが見られますが、その中に6件のOK-432関係の発表スライドがあります。「顎下型ガマ腫」、「頚部嚢胞」、「頚部嚢胞」、「耳介血腫」、「耳介血腫」、「頚部嚢胞と耳介血腫」に関するものです。(クリックしていただきますと、直接スライドに飛びます。)

(4) 榊原耳鼻咽喉科クリニックのページ

大阪府吹田市の榊原耳鼻咽喉科クリニックのページです。本来はこの治療は診療所レベルでガマ腫などの治療を行えるということが特徴になりますが、診療所でこの治療を行っているところはあまりありません。このページでは榊原先生の実際の治療例が提示してあります。

(5)佐藤クリニックのページ

大分市の佐藤クリニックのページです。佐藤先生は睡眠時無呼吸症候群の治療で高名な先生ですが、佐藤先生のところでのガマ腫および口唇嚢胞の治療例を見ることができます。

(6)スイス新生児学会の2006年の症例賞

2006年のところをクリックして下さい、2006年のスイス新生児学会で最優秀治療症例になったのは、手術不能の頸部リンパ管腫症例をOK-432で治療した例でした。この症例の治療前後の所見をMRIやCTを含めて見ることができます。

(7)テキサス子供耳鼻咽喉科センターのページ

アメリカでの子供のリンパ管腫に対するOK-432による治療例を見ることができます。(少しショッキングな例もありますので、気の弱い方は下の方はご覧にならないほうが良いかもしれません。)

(8)西原先生を紹介しているページ

これまでは、関東地方でOK-432 治療をご希望の患者様は、口腔外科医であります西原先生にお願いしてきましたが、このたび勤務先が変わられました。そこでの西原先生のインタビューのページです。最後のほうにガマ腫のOK-432 治療のことに触れられております。

トップページに戻る
(クリックしますと「OK-432嚢胞内注入療法」のトップページに移動します。左にフレーム「見出し」が見える場合は、見出しから各項目への移動をお願いいたします。)