舌下型ガマ腫 (12)(先天性のガマ腫)

乳児(0歳児)のガマ腫です。
生まれたときから右口内に腫れがあり、時々口から外まで出てきていたとの事です。左の治療前の写真は生後3カ月以前、右の治療後は最後のOK-432治療から2カ月半後(生後11カ月)の写真です。
0歳児でも外来通院でOK-432嚢胞内注入療法で安全に治療ができます。


上が治療経過です。生後5カ月から治療を開始し、4回OK-432の注入を行い治癒しました。嚢胞壁の薄い嚢胞であり、治療前から何度か自然破裂を 繰り返しており、OK-432注入後にも破裂を繰り返したこともあって、治療開始から治癒まで半年ほどかかりました。しかし、入院もせずに、普通の生活を 続けながら治癒することができました。

その後、6ヶ月まで観察しましたが再発はありませんでした。


最終治療から1年半強の状態です。ガマ腫の再発は無く、歯並びや口腔底の状態もまったく正常です。

もし手術で治療するとしたら、「この年齢では手術自体が極めて難しい」ことに加えて、「全身麻酔」「術後の管理」「親の付き添いの負担」など問題だらけですが、OK-432嚢胞内注入療法を行えばこのような乳児でも入院する事も無く問題なく治療することができます。

トップページに戻る
(クリックしますと「OK-432嚢胞内注入療法」のトップページに移動します。左にフレーム「見出し」が見える場合は、見出しから各項目への移動をお願いいたします。)
(フレームが有る場合はそちらから御願いします。)